CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
住まいの3Dしくみ図鑑
住まいの3Dしくみ図鑑 (JUGEMレビュー »)

9頁を執筆しています。図面も大きいですし、アイソメなど3dで解説してあるのでわかりやすくなっています。
RECOMMEND
刺繍のエンブレム A to Z
刺繍のエンブレム A to Z (JUGEMレビュー »)
atsumi
刺繍作家atsumiの最新本!
RECOMMEND
建築知識2016年10月号
建築知識2016年10月号 (JUGEMレビュー »)

4人の建築家へのインタビューを担当しました。ここまできちんとした図面を出してくれることはあまりないかもしれませんので、貴重な号です!
RECOMMEND
刺繡のはじめかた
刺繡のはじめかた (JUGEMレビュー »)
atsumi
刺繍作家atsumiさんの新作本。デジタルな世の中だからこそこうした時間と手間をかけた物の良さが広く伝わってくれるのは一建築家としても嬉しいです。
RECOMMEND
建築知識2016年3月号
建築知識2016年3月号 (JUGEMレビュー »)

リフォームのベストレシピを4つ掲載されています。リフォームをしようとする一般の方にも読みやすくなっています。
RECOMMEND
ayacoの台湾あいうえお
ayacoの台湾あいうえお (JUGEMレビュー »)
ayaco
はんこ作家ayacoさんの台湾本2冊目!手書き文字とかわいいイラストを見ながら台湾を巡りたいぞ!
RECOMMEND
建築士の資格が活かせるお仕事ガイド (エクスナレッジムック)
建築士の資格が活かせるお仕事ガイド (エクスナレッジムック) (JUGEMレビュー »)

一級建築士が生きて行くために広い視点をもつことの重要性を気づかせてくれるドキッとする一冊。寄生せず自分の脚でたっている独立した建築家は目を通しておいても損はないだろう。コラムにある「明るい匿名座談会」は担当編集者と一緒に自分が聞きたい内容を考えた思い出深いものです。この座談会を読んでうなずかない人はいないはず!
RECOMMEND
tokomo & coffee Rakugaking Book
tokomo & coffee Rakugaking Book (JUGEMレビュー »)
Tomoko Shintani
tokomoさんのスタバでかきかきしていた落書き!?が出版されます。落書きと呼べない質となんだかコーヒーのようにちょっと幸せになるイラストが満載のようです。T美卒業生すごいです!
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

屋根について1ページの執筆とDVDビデオで屋根の性能について出演しています。
RECOMMEND
建築知識2015年5月号
建築知識2015年5月号 (JUGEMレビュー »)

私の大学同期でほとんどのページを担当しています。様々なメーカーにヒアリングに行って書いていますので、中身濃くしあがっています。特にコラムがお勧めです。是非書店で見てみて下さい!!
RECOMMEND
新建築住宅特集 2015年 05 月号 [雑誌]
新建築住宅特集 2015年 05 月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

弊社が設計した三重県松阪市嬉野の住宅が掲載されています。
RECOMMEND
デザインが劇的にうまくなる!目的別に選べるディテール300 (エクスナレッジムック)
デザインが劇的にうまくなる!目的別に選べるディテール300 (エクスナレッジムック) (JUGEMレビュー »)

前半部分、後半部分ともかなりのページを執筆しています。後半は設計をはじめて15年位の私が「これはいい!」というでティールを集めていて、いぶし銀の参考になる書籍だと思います。編集担当者と一緒に作り上げた本ですので、ぜひ手に取ってご覧下さい。
RECOMMEND
建築知識2015年3月号
建築知識2015年3月号 (JUGEMレビュー »)

鉄骨工事現場で出来上がって行く様子をイラストで解説した3月号に私も5ページ+コラムを執筆しました。マニア向けですが是非手に取ってご覧下さい!!しっかり濃い内容となっています。
RECOMMEND
建築知識2014年9月号
建築知識2014年9月号 (JUGEMレビュー »)

以前設計した仕事のデティールが9箇所掲載されています。3Dで分かりやすくなっています。
RECOMMEND
住宅の高さ寸法攻略マニュアル (エクスナレッジムック)
住宅の高さ寸法攻略マニュアル (エクスナレッジムック) (JUGEMレビュー »)

本間さんへのインタビューアーを担当しています。
RECOMMEND
ルポ MOOC革命――無料オンライン授業の衝撃
ルポ MOOC革命――無料オンライン授業の衝撃 (JUGEMレビュー »)
金成 隆一
Open Education(インターネットで有名大学等の授業ビデオが無料で受けることが出来る)ことを全く知らなかったが、この本を読んでその無限の可能性に興奮してしまった。
RECOMMEND
改訂版 最高の家具をデザインする方法 (エクスナレッジムック)
改訂版 最高の家具をデザインする方法 (エクスナレッジムック) (JUGEMレビュー »)

以前のものの改訂版です。カラーになって、少し価格も安くなったので、お買い得です!照明と家具の絡みの頁を担当しているのですが、時代はLEDとなり、そこだけは大幅に以前と変えています。
RECOMMEND
建築知識2014年5月号
建築知識2014年5月号 (JUGEMレビュー »)

いくつかのアイソメやコメントやらを寄稿しております。初心者から玄人まで必読です!!
RECOMMEND
図案 刺繍のいろ
図案 刺繍のいろ (JUGEMレビュー »)
atsumi
atsumiさんの最新作!みなさん次々と本を出します。可愛い図柄が沢山あるはず!
RECOMMEND
ayacoの手帖のつくりかた
ayacoの手帖のつくりかた (JUGEMレビュー »)
ayaco
ayacoさんの最新作!人に見せたくなるような旅行日記がこれで書けるはず。
RECOMMEND
TODAY'S BREAKFAST
TODAY'S BREAKFAST (JUGEMレビュー »)
山崎 佳
おいしい朝ご飯きちんと食べれば元気になれるよねって!毎日それを実践して来た山崎佳ちゃんの日常の記録。素敵です!
RECOMMEND
ことばと刺繍
ことばと刺繍 (JUGEMレビュー »)
atsumi
刺繍作家atsumiさんの二冊目です。素晴らしいです。
RECOMMEND
建築知識2013年11月号
建築知識2013年11月号 (JUGEMレビュー »)

全体の監修とインタビューアーを担当しました。各地で活躍する建築家の設計に対する姿勢からデティールまで高密度に詰まっています。是非手に取ってみて下さい!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
tamaoの刺繍  ぬりえ感覚でかんたん刺繍
tamaoの刺繍 ぬりえ感覚でかんたん刺繍 (JUGEMレビュー »)
沼田真央(tamao)
人気刺繍雑貨ブランド「tamao」沼田真央の初の出版です!すごいなぁー
RECOMMEND
超実践的住宅照明マニュアル 増補改訂カラー版 (エクスナレッジムック)
超実践的住宅照明マニュアル 増補改訂カラー版 (エクスナレッジムック) (JUGEMレビュー »)
福多 佳子
いつも私どもの照明設計をして頂いている福多さんの書籍です。以前の物をブラッシュアップし、カラーになっているのでよりわかりやすくなっていますし、実践的なのでお勧めです。私どもが設計した住宅等もいくつか取り上げてくれているようです。
RECOMMEND
月刊建築知識2012年10月号
月刊建築知識2012年10月号 (JUGEMレビュー »)

本間さんへのインタビューアーを努めさせて頂きました。先輩建築家にズバズバと取材ということでなんでも聞けるのは本当にためになりましたし、楽しかったです。全部で14頁です。是非購入して下さい!
RECOMMEND
なんのための仕事?
なんのための仕事? (JUGEMレビュー »)
西村 佳哲
西村さんの三部作の最終章。当たり前の事かもしれませんが、すぅーっと入って来る感じは素敵です。
RECOMMEND
a+u (エー・アンド・ユー) 臨時増刊 槇文彦の近作 2012年 07月号 [雑誌]
a+u (エー・アンド・ユー) 臨時増刊 槇文彦の近作 2012年 07月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

町田市役所見てきました。細部には建築家の意思とこだわりがあり、かつ性能としても担保されている感じにきちんとした建築の心髄を感じました。
RECOMMEND
RECOMMEND
建築知識2012年6月号
建築知識2012年6月号 (JUGEMレビュー »)

ちょっとしたコラムを執筆しています。
RECOMMEND
RECOMMEND
いま、地方で生きるということ
いま、地方で生きるということ (JUGEMレビュー »)
西村佳哲
ロードムービーの様なインタビュー本。どこに向かうかは分からないまま書く事で何かを発見しようという姿勢がそのまま読者にも伝わってきます。西村さんの意思が見えたり、はたまた隠れたりと、どっちやねん!っていうその不安定さを一緒に楽しみ、後味を誰か飲みながら共有したいと思わせる本です。
RECOMMEND
刺繍のエンブレム
刺繍のエンブレム (JUGEMレビュー »)
atsumi
刺繍作家atumiさんの作品がつまった本です。すごいぞあつみ!
RECOMMEND
かかわり方のまなび方
かかわり方のまなび方 (JUGEMレビュー »)
西村佳哲
西村さんがワークショップのあり方について迷って来た過程がいつもの読みやすい文章で書かれています。僕もその様子を側で見ていたなぁー。


いつものインタビュー以外にワークショップの歴史を概観するちょっと学術的な面もあり、人を教える立場の人は必見な本。迷える子羊を救ってくれないけど、みんな模索しているのは同じだなぁーとすこし安心し、次の一歩を踏み出そうと背中を押してくれます。
RECOMMEND
RECOMMEND
超実践的[住宅照明マニュアル] (エクスナレッジムック)
超実践的[住宅照明マニュアル] (エクスナレッジムック) (JUGEMレビュー »)
福多 佳子
私たちの設計した住宅や店舗の夜景を彩ってくれている福多さんの著書。建築設計者はこれをマスターしておく必用ありますね。
RECOMMEND
台湾のたびしおり
台湾のたびしおり (JUGEMレビュー »)
ayaco
はんこ作家のayacoさん出版二冊目はなんと台湾ガイドブック!?です。ハンコ・イラスト・写真等々と盛りだくさんの内容でパラパラめくるだけで楽しくなってくる誌面となっています。台湾に行きたくなる事間違いなしです!
RECOMMEND
最高の家具をデザインする方法 (エクスナレッジムック)
最高の家具をデザインする方法 (エクスナレッジムック) (JUGEMレビュー »)

ちょっとだけ僕も書いています。家具図面を書きたいと思っている方には最適な本だと思います。
RECOMMEND
RECOMMEND
OpenCL入門 - マルチコアCPU・GPUのための並列プログラミング -
OpenCL入門 - マルチコアCPU・GPUのための並列プログラミング - (JUGEMレビュー »)
株式会社フィックスターズ,土山 了士,中村 孝史,飯塚 拓郎,浅原 明広,三木 聡
マルチコア(複数の計算する頭)を効率よく動かす為の言語(OpenCL)の入門テキストです。多分。執筆者が友人ですので、マニアの方は是非購入ください!
RECOMMEND
日経BPムック NA選書 困難解決型 住宅プラン図鑑
日経BPムック NA選書 困難解決型 住宅プラン図鑑 (JUGEMレビュー »)

私どもが以前に設計監理した日立の住宅が4頁掲載されています。
RECOMMEND
ayacoのはんこノート
ayacoのはんこノート (JUGEMレビュー »)
ayaco
消しゴムに掘るハンコ作家あやこさんが本を出しました。多摩美生も皆さん密かに大活躍です!
RECOMMEND
自分をいかして生きる
自分をいかして生きる (JUGEMレビュー »)
西村佳哲
西村さんの第二弾!!
ど真ん中直球ですが、緩い球(笑)
それが素敵です。
RECOMMEND
世界で一番やさしい建築図面・木
世界で一番やさしい建築図面・木 (JUGEMレビュー »)

特記などで26ページ程書かせてもらっています。経験者も改めて読み返すととてもためになりますよ。
RECOMMEND
アキッレ・カスティリオーニ―自由の探求としてのデザイン
アキッレ・カスティリオーニ―自由の探求としてのデザイン (JUGEMレビュー »)
多木 陽介
デザインの本質が書かれていると思いました。素敵っす。著者は多木浩二さんの息子さんです。
RECOMMEND
ごきげん朝ごはん
ごきげん朝ごはん (JUGEMレビュー »)
山崎 佳
多摩美の学生が出した本です。
買ってよんで、作って、食べると幸せになる事間違いなし!?
RECOMMEND
自分の仕事をつくる
自分の仕事をつくる (JUGEMレビュー »)
西村 佳哲
ものを作るということの気持ちの部分がインタビューを通して書かれています。生きていることが少しつらくなったときに勇気をもらえる本です。
RECOMMEND
イームズ入門―チャールズ&レイ・イームズのデザイン原風景
イームズ入門―チャールズ&レイ・イームズのデザイン原風景 (JUGEMレビュー »)
デミトリオス イームズ, Demetrios Eames, 助川 晃自, 泉川 真紀
イームズの物作りの考え方を生き方の中から探り出している本です。
MOBILE
qrcode
HP更新しました!

ながらく放置しておりましたHPをやっと更新しました。

お恥ずかしい限りです。

 

WORKSには下記を追加しました。

 

とりがおか歯科

ALL・プロペラデザイン

TANAGOKORO TEAROOM

KAEMI

 

MEDIA

には建築知識などに執筆した項目を加えています。

 

LINKS

にはALL、TANAGOKORO TEAROOMへのリンクを作成しました。

 

他にも

練馬区の「光が丘のマンションリノベーション(住宅M邸)」

渋谷区の「千駄ヶ谷のマンションのリノベーション(住宅A邸)」

世田谷区の「三軒茶屋の新築マンションのリフォーム(住宅S邸)」

横浜市港北区「高田のマンションリノベーション(住宅K邸)」

中野区の「江古田の伊東屋倉庫耐震改修・デザインオフィス」

中野区の「中古住宅のリノベーション(住宅K邸)」

川崎市川崎区にある「大同特殊鋼・川崎テクノセンターのリフレッシュルーム」

三重県津市片田の「片田の住宅(N邸)」

などもあるのですが、工期などの関係で写真が撮影出来ていないので、アップ出来ていないものもあります。

 

どれも沢山の方のお力添えで完成しております。ありがとうございます。

2017年もますます精進してお仕事に取り組みたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

岡村裕次

| 建築 | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
長津田の美容院「KAEMI」本日オープン

昨年11月より設計しておりました美容院が完成し、本日2017年2月1日にオープンしました。


長津田駅北口から北に向かって徒歩12分ぐらいの住宅地の中にあり、中古住宅の10帖弱の和室を美容院へと改修しています。

改修ではまず家としてのバリアであった既存の塀や、カーポートなどを撤去しました。(外構は今後ゆっくりと進める予定です)

そして住宅の一部に店舗が貫入したように木で出来た「袖壁と庇、ウッドデッキ」を設け、店としての「構え」を設えています。
内部は既存和室の長押や真壁など特徴的な意匠など、古き良き部分を活かし、改修の痕跡を残すようにしています。
構造部分である立ち上がりコンクリート基礎や土台は触らず、天井高を極力確保するために天井は剥がし、大梁を露出させました。

4枚引きテラスサッシ部は出入口の木製開き戸と、FIX硝子へと作り替えました。木製方立ての数を多くして、ガラス張りであっても視線や直射日光をカットするようにしています。

 

自宅にいながら小さな商売=「小商い」をはじめる方が昨今増えている気がしています。今回の敷地は住宅地の一番奥であり、不特定多数の方が通るような場所ではないにもかかわらず、美容院をはじめられました。
今まで閉じていた自宅を少し「まちに開放」することで得られる人間関係は「日常生活のちょっと先」の状況へと誘ってくれるのではないかと思っています。近隣との小さな出来事の積み重ねや、家の中に仕事場が出来たという家族への影響などが今後どうなっていくのかが楽しみであります。「まちに暮らす」という実感が湧いてきて、「まちの愛着」へと繋がっていけば嬉しいです。

 

なお、美容院「KAEMI」は完全予約制ですのでまずはお電話(045-532-8085)をお願いできれば幸いです。

LINEでも予約が可能です。「KAEMI」で検索して頂ければと思います。

 

カット 大人  3000円

    中・高 2000円

    小   1000円

 

期間限定で1000円割引など各種キャンペーンを行っているようなので、直接店舗までお問い合わせください。

長津田駅北口から歩いて10分ぐらいです。

 

一般的な住宅の中に店舗を貫入 

リノベーション前の外観

店内の様子

 

リノベーション前の和室

段差を解消する入口でもあり、店としての構えをつくりました

ドアからみる

照明は飯田ベンヤミン善郎さんオリジナル

シャンプー台まわり

関わっていただいた施工者の皆さんの腕が光ります

| 建築 | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
台湾建築散歩(初日) 

毎月建築をみることに興味がある方を募っておこなっている建築散歩の特別編がはじめて海外へと飛び立ちました。2013年の日帰り群馬、2014年は一泊で山梨・長野、2015年が二泊で高松・直島ときて、2016年は三泊で台湾となり、文化や風土の違う所での建築を皆さんで見てくることが出来ました。
特別講師として、台中に2016年9月にグランドオープンした台中國家歌劇院(台中国立オペラハウス)の伊東豊雄建築設計事務所所員として5年半常駐していた佐野健太さんに帯同して頂きました。

 

初日は朝早く羽田を飛び立ち、お昼前には台北に到着です。台湾と言えば「食」ということで日本でも小龍包のお店として有名な「鼎泰豐」の本店に行きました。(新宿高島屋にある鼎泰豐は海外初出店のお店。今や世界10カ国110店舗以上あるとのこと)ここだけがすごい行列と人口密度で、様々な言語が飛び交っています。予約していたので人混みをかき分け中に入ると、すぐに大きなせいろがどんどんと運ばれてきました。肉汁あふれる小龍包を堪能しました。

その後青田街に移動して初日の建築散歩の始まりです。ツアーですと修学旅行のようにバスで目的地から目的地への移動となってしまいますが、そこは建築散歩なので町並みを見ながらの歩いての移動です。異国ではありますが、どこか懐かしさを感じるのはここ「青田街」は日本が台湾を統治していた時代の日本人が住んでいた和洋折衷の日本建築が多く現存しているからです。それがうまくリニューアルされカフェなどとしていかされており、日本でのリノベーションブームはここ台湾でも流行しているようでした。
道を歩きながら集合住宅などを見tり、道を歩いていると気がつくのは植物のパワーです。集合住宅のベランダは沢山の植物の緑があふれ、どんな隙間もプランターで埋め尽くされています。また街路樹は5階建てを超える程度に成長し、青々と葉が茂っています。その日は小雨だったのですが、緑がより映え町並みを重要な要素となっておりました。日本では緑は脇役という感じですが、ここ台湾では緑こそ主役という感じで自然がもつパワーを感じながら、周辺を散策しました。

ちょっと歩き疲れたので中国茶を堪能する為に隠れ家のような茶芸館「小慢」さんで休憩です。集合住宅の一階が増築されており、中に入るとほっとするような古民家の内装です。アンティークの家具や小物が厳選されておいてあり、ハイセンスです。このまま日本に持って行っても間違いなく人気が出るような内装でした。ここで、お茶の入れ方を学びながら各自で1時間以上ゆっくりとお茶を楽しみました。

ちょっと休憩をしたので、歩いて「台湾大学」に移動し、台湾大学社会科学部棟(伊東豊雄建築設計事務所設計)に到着です。佐野さんが事前に訪問のお願いをしてくれていたので、職員の方に丁寧な解説をして頂きながら、平屋の図書館と8層の教室棟内部をゆっくりと見学することが出来ました。


まずは図書館です。樹木のよう88本の柱は特殊な幾何学に沿って配置されており、柱の密度で空間の濃淡をつくり出していました。トップライトと間接照明で柔らかく包まれるような光環境、曲面で構成されているヒューマンスケールの本棚は不思議な柔らかさを持った、暖かな感じがした落ち着く図書館空間だと感じました。自由な幾何学がもたらす空間は自然とずっと居たくなるような図書館となっていました。


高層棟はコンクリート打ち放しの細い柱と梁で出来たシンプルな構造でしたが、施工精度も良く、美しいプロポーションを持った建築となっていました。三階部分には向こう側の景色が見通せるように大きな穴が空いており、8層という壁感を緩和しています。この屋外吹き抜けにより空気が循環するなど、台湾の気候をふまえて温熱環境にも配慮されているとのことで、今の時代の発想もきちんと取り入れられています。屋外吹き抜けの三階部分は緑化された庭園となっており、そこも見学させてもらいました。その他教室も拝見させて頂いたのですが、様々な空間の溜まりに学生が集ってお茶や勉強をしたりとうまく使われている様子は同業者としてはなんだか嬉しいものでした。


ゆっくりと見学させて頂いたらもう周囲は真っ暗です。一度ホテルに戻って初日は解散です。本日の夜は各自自由行動でした。

 

二日目に続く!!

 

| 建築 | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
建築知識10月号

あっという間に年月は過ぎ去って行く物で、気がつけばもう前回の書き込みから半年が過ぎ、秋です。

このブログも久方ぶりになっておりますが、、、

もう2ヶ月以上も前ですが7月に取材で京都に行きました。それは現在発売中の建築知識2016年10月号の「3D図面で読み解く巨匠の住宅設計」に出て来る建築家の方にインタビューをする為でした。

 

 

私が担当したのは4名の建築家の方ですが、頂いている図面を読み込んだり、最近の言説を調べてみたりと予習をして、少年のように少し緊張をしてインタビューアーをさせて頂きました。

自分の発言を改めてテープで聞く機会が出来てしまうので、自分がどんなことを質問しているのかを少し客観的に感じることが出来たのですが、どうやって作るのか、なぜそうしたのかという作り方論への興味です。なかなか言語化しにくい部分でもあるのですが、皆様に言葉を絞り出して頂いた返答はその建築家の大きな個性なのだと感じました。

 

「建築知識2016年10月号」は現在書店に並んでいるので、ぜひ手に取って頂ければ嬉しいです。

 

内藤廣さん設計のとらや

 

横内敏人さんの事務所。緑多い山の中腹。

 

飯田善彦さんの最新作「京都府新総合資料館」

 

「京都府新総合資料館」

| 建築 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
建築知識2015年11月号
執筆・出演させていただきました建築知識2015年11月号「誰も教えてくれない屋根と小屋組のセオリー+DVDビデオ」が発売中です。
嬉野の住宅のすっきりと見える屋根ですが、実はとても苦労している点について書いています。大工さんである前川さん、板金屋さんである岩間さん、現場監督の落合さん等のご尽力がこの住宅を産み出してくれました。
そして目玉は、付録のDVD「意匠・構造・性能の勘所を網羅 動画で学ぶ 木造住宅の屋根・小屋組」の性能編の部分で河合建築の河合孝さんと出演しております。一度会って軽くお話をしただけで、本番スタート!という台本など全くなしのスリリングな展開でしたが、編集の妙でなんとかなっていると思われます。自分の声を自分で聞くというかなり小っ恥ずかしい体験が苦しくてなかなか正視出来ないのですが、他の出演者さんの自然体と自分んの不自然さと比べてしまうと更に見れません(笑)
カメラ目線が出来なくてほぼうつむき加減、いつもの早口が相変わらずと気になる事が満載ですが、、、、、、マニアックな方のみでしょうが是非ご購入ください!

| 建築 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
とりがおか歯科OPEN!
いままで文章の執筆とかの御案内ばかりのブログでしたが、きちんと建築設計はやっておりまして、先月オープンした歯科医院併用住宅の完成のお知らせです。横浜市戸塚区鳥が丘にある「とりがおか歯科」で、その開業ビデオもここにアップされています。

最寄り駅は横浜市営地下鉄「踊場」近くで、敷地は斜面地に形成された住宅団地のT字路の突き当たりとなる場所に立地しています。地下一階(RC)、地上三階(鉄骨造)の計4層です。
写真で見ると一件普通のように見えるこの駐車場ですが、9.2mのスパンに一本も柱が落ちていません。それを実現する為にトラス構造という手法を採用しています。正面の斜めの硝子面と平行に斜めの鉄骨骨組みが入っており、地上一階(歯科医院)の壁面全体が大きなトラス梁となって支えているのです。また二階部(住居)は一階よりも跳ね出してウッドデッキが敷かれたベランダとなっており、そこからランドマークがみえるなど素晴らしい眺望をのぞむことが出来ます。同時にこの跳ね出しが歯科医院までの通路を雨と日差しから守る庇の役割にもなっています。
一番目を引く三色ランダムのアルミルーバーは住居のプライバシーを守りつつ、採光・通風を確保し、看板に頼らない商業的ファサードを実現しています。

建築協定があったり、地下を全面掘削したので平均地盤面が下がり北側斜線が厳しくなるなど、様々な困難もありましたがクライアント、工務店のご協力のもと力をあわせて一緒に乗り越えてきました。ほんと皆様のお力のお陰です。

予防医療に力を入れる「とりがおか歯科」には夫婦の優しい歯科医さんがいらっしゃいます。お子様などの治療にも慣れている点もお勧めです。最寄りの方は是非足をお運びいただけると嬉しいです!

構造設計:木下洋介構造設計室
照明設計:中島龍興照明デザイン研究所
施工:アーキッシュギャラリー

外観
外観
歯科医院
歯科医院受付
住宅
住宅部
| 建築 | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
建築知識5月号のコラム

建築知識5月号にはコラムを執筆するにあたり、色々と取材をさせて頂きました。

コラムネタは大学同期メンバー(ヨコヨコ会)で集まって、どんなのが面白いかを吟味したので、どれもお勧めです。

私が執筆したのをいくつか紹介します。

まずアルミサッシ関係では大手三社を同じフィールドで評価しています。なかなか大人の事情で出来ないことですが、設計者であれば気になっていることだと思うので、思い切って着手しています。北山と一緒に執筆しています。

性能(断熱性)、デザイン(見附比較)、色(アルミサッシ。特に白は面白いです)、メンテ(硝子交換がどのようになっているか)について限られた誌面ですが比較を行っています。いろいろと取材していくうちに各社の違いが出てくるのが面白かったです。

次にアスファルトルーフィングとガルバリウム鋼板についてです。

アスファルトルーフィング940(昔の22キロ)と図面に書かれていて、余り関心の無い方がいらっしゃるかもですが、いまはもうかなり古い商品(使わない方がよい)だということを書いています。ルーフィングは元々安い商品ですので、防水の最終ラインと考えれば良いものを使うと良いと言うことを書きました。

ガルバリウム鋼板は塗料で性能が大きく変わってくるので図面で指示した方が良いと言う内容と、ガルバの弱点やメンテ方法を書いています。最後にはガルバを超える薄板用の商品が発売されていて割と安いので良いという最新情報も網羅しました。

タイルもお風呂用の白タイルを各社集めて比較仕様という企画もありましたが、あまりに数が多すぎて断念したものもあります。

もうすぐ6月号が出ますのでその前にご購入ください!!

 
アルミの色(あくまでも卓上撮影です。詳しくは誌面で)

樹脂色(あくまでも卓上撮影です。誌面では掲載無し)

| 建築 | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
中間検査(二回目)
横浜市戸塚区で進めている鉄骨物件(地下一階、地上三階)が上棟し、二回目の中間検査と構造設計者による建て方検査がありました。双方厳しい目で確認してもらう事により、建築物の骨格である構造部の質を確保しています。住宅メーカーは設計と施工が一緒なので、こういった部分が建築設計事務所の特徴なのかもしれません。
抜き打ちで垂直水平が出ているかを確認したり、製品の寸法やブレースがたわんでいないかなど様々な部分をチェックしました。今回はラーメン構造ではなくブレース構造なので、特にブレース部分はしっかりと構造設計者が確認をしていました。
様々なチェックを経て検査は合格し、来週後半にはコンクリート打説を行う予定です。もう17時にはかなり暗くなり、かつ寒くなってきていますので工事は大変になってきますが、良い建築が出来るよう職人さん達と力をあわせて頑張りたいと思います。




三階からの見晴らしが最高です!
| 建築 | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
製品検査
最近は三重県立美術館での展示の話題ばかりでしたが、きちんと建築設計業務は動いております。最近では新しい出会いがあったり、三重での住宅の一回目の提案をして来たり、中国案件があったりとバタバタしております。そしていま現場が進行中の戸塚の歯科医院の鉄骨製品検査(一回目)が先日ありまして、構造設計者とお伺いしてきました。
鉄骨というと製品サイズが大きいので都会から遠く離れたところで製作しているのが一般的ですが、今回はなんと23区内にある下町の工場で製作をしてくれています。この日は設計サイドによる検査と、第三者機関による超音波探傷試験を行うために、工場全体に部材が広がっています。
超音波探傷試験というのは音波にて溶接内部に不良がないかを確認する試験でして、突きつけた鉄骨同士の完全溶込み溶接部分を調べてもらいます。設計者は寸法や外観の目視に夜溶接不良がないかをチェックします。また、自主検査結果を見ながら、今回改めて抜き打ちでいくつかを検査してもらいました。まだ未完成部分もあるので、全て出来上がってから改めて再度検査を行います。
鉄骨の生々しい物質感、溶接の跡など、かっこ良く見えてしまうのは僕だけでしょうか?
 


| 建築 | 10:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
四川省 成都の建築など
JUGEMテーマ:日記・一般


先日まで中国四川省に1週間行っておりましたので、そのメモをいくつか。
四川省の省都は成都です。「せいと」といってもこの発音が通じる訳でもなく英語表記だと「chengdu」でして、カタカナで無理矢理表記すると「チェンドゥー」です。
地図で見ると随分と内陸なのですが、日本からの直行便ですと5時間程度です。今回で三回目なのですが、もうすごい勢いで都市が広がっております。スプロール現象を実感!まず地下鉄が3年前は南北の1本だけだったのですが、東西にもう一本できており、3号、4号とどんどん建設中でして将来計画ではかなりの本数ができそうです。南北地下鉄の一番南の駅は3年前はほぼ空き地だったのですが、既にビルがどんどん生え終わり、さらに南へ南へビルの増殖は続いておりました。こちらは24時間工事中で夜中でも関係なくコンクリートは打設していますし、ガンガン工事をやっているので、その工事の進捗はすごいスピードで、なんだかちょっと信じられない感じです。

さて、成都には有名建築家の巨大な作品があちこちにありました。
ポールアンドリューはこの作品、
スティーブンホールはこの作品です。


建物で人工地盤の中庭を取り囲むようになっています。

中庭です。3層ぐらいまでショッピングセンターです。

中庭の池の底にはショッピングセンターの吹き抜けに連動したトップライト

中庭全景

どちらもすごい規模なので、圧倒されます。しかも似たような設計を中国の他の都市でも作っているという共通点も面白いものです。
一度やって成功すると次々にお声がかかるという事なのでしょう。

そんな外国人建築家以外に成都で働かれている永岡さんに紹介してもらった地元の建築家(Liu JiaKun)設計「水井坊博物館」にも行きました。ただ、時間的に夜だったので(日本よりも随分と日が長いです)外観だけですが、それでも十分に堪能できました。「水井坊」という白酒ブランドメーカーの昔からあった製造所をリノベーションしたものと、すこし新築を増築して内部を博物館化したもののようです。(製造はまだしているようでして、その製造風景も含めて見学ができるようです。塀の外でもすごい発酵の匂いがしました)
素材感があるオリジナルの黒いレンガ(四川地震で出たがれきを混入して作っているようです)を使いながらもスッキリとしたモダンな表現をしており、自分たちが日々やっている世界と同じ匂いがしました。中は入れませんでしたが、質の高い空間が実現されていそうな感じがしました。

エントランス。スラブが薄い。

左側はリノベーションした製造工場

階段室がガラス張りの外側にルーバーとなっています。煉瓦はオリジナル。

その近くをぶらぶらしていたら最近出来たと思われる「成都兰桂坊」というショッピングモールがありました。
上空からみるとこんな感じです。初日に泊まったホテルがわりと高層だったので、窓からこれが見えたので、何なのか気になっておりました。

詳しくはよくわかりませんが川に沿ってできたショッピングモールで、分棟形式で低層(2階建て程度)の店舗がジグザグな感じで配置されていました。それらの建築群をつなぐように地上10メートルぐらいの高さに大きな屋根がこれまたジウザグな感じでかかっているのです。膜なのか分かりませんが、蜂の巣の部分はポリカボネートのような感じでして、既に中が汚くなっていましたが路地のような道が沢山あり、ショッピングしながら歩くにはなかなかおおしろい設計でした。屋根と建築物がそろっている訳ではないので、所々空が見えたり見えなかったりしており日本でもこんな開発はありそうでないなぁーと思いつつ奥に入ると、そこには新築で作られた昔の伝統的な家が再現されており、工事中でした。
中国は全ての建物がほぼRCなのですが、伝統的な物という事で外観からみると木造とみえるような工夫がされています。スケルトンだけが出来ている感じで内装(インフィル)がこれからという段階でした。中国で面白いのは出来たところから順次オープンしていくところで、大屋根のかかる川沿いの現代的な建築群はおしゃれなお店が既にオープンしており、お客さんも入っており盛況でした。

屋根が全体を覆っています。

こんな感じで左側はすぐ川です。右奥が下記の旧町並み再現ゾーン

旧町並み再現ゾーン

最後に成都の南側の新市街地に出来た巨大な商業施設「新世紀環球中心(  New Century Global Centre)」は、世界最大の面積を誇る単体ビルのようです。高さは100メートル、長さ500メートル、 幅400メートルで東京ドーム38個分という大きさのようです。どうやら建設期間が一年未満らしく中国の勢いを感じざる得ません。なかなかこの不自然な巨大マッス感を表現できませんが、遠くから見るとその巨大さに目を疑う感覚があり、二度見すること確実です。牛久大仏を見た時と同じ感じです。
中にはスケートリンク、プール、映画館、ショッピングセンター、ホテルなどがありました。
内装もこれまたきらびやかでしてメインエントランスを入ると吹き抜けの中に金色のエスカレーターが吹き抜けにどーんと配置されていました。そのエスカレーターで上に登ると「心臓の弱い方はご遠慮ください」という表記があったので、何だろうと見るとブリッジの床が透明になっていました。もう、なんだかすごい感じです。面白い物を見たという感じでして、きっと生涯このスケールの単体建築に出会う事はない気がしますね。上空から見るとこんな感じです。
ちなみに、この敷地の道路はさんで反対側がザハ設計のアートセンター建設予定地ですが、工事をしている雰囲気はありませんでした。

大きさ分かりにくいですがほんとでかいです。

メインエントランス入ってすぐの吹き抜けロビー

上記の「新世紀環球中心」付近には沢山のオフィスや集合住宅があるのですが、デザイン的には日本のマンションよりも質が高いと感じました。施工レベルは発展途上ですが、室外機がきちんと隠してあるようなデザインだったり、ベランダの半屋外空間の扱い方など、同じ設計者として大変参考になるところが沢山ありました。


3年前に来たときもそうだったのですが、成都はまだまだ成長をすごい勢いで続けており、日々の風景が刻々と変わっていっていました。その雰囲気というかグルーブ感を肌で感じることができた気がしています。

| 建築 | 14:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/13PAGES | >>

にほんブログ村 住まいブログへ