CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
住まいの3Dしくみ図鑑
住まいの3Dしくみ図鑑 (JUGEMレビュー »)

9頁を執筆しています。図面も大きいですし、アイソメなど3dで解説してあるのでわかりやすくなっています。
RECOMMEND
刺繍のエンブレム A to Z
刺繍のエンブレム A to Z (JUGEMレビュー »)
atsumi
刺繍作家atsumiの最新本!
RECOMMEND
建築知識2016年10月号
建築知識2016年10月号 (JUGEMレビュー »)

4人の建築家へのインタビューを担当しました。ここまできちんとした図面を出してくれることはあまりないかもしれませんので、貴重な号です!
RECOMMEND
刺繡のはじめかた
刺繡のはじめかた (JUGEMレビュー »)
atsumi
刺繍作家atsumiさんの新作本。デジタルな世の中だからこそこうした時間と手間をかけた物の良さが広く伝わってくれるのは一建築家としても嬉しいです。
RECOMMEND
建築知識2016年3月号
建築知識2016年3月号 (JUGEMレビュー »)

リフォームのベストレシピを4つ掲載されています。リフォームをしようとする一般の方にも読みやすくなっています。
RECOMMEND
ayacoの台湾あいうえお
ayacoの台湾あいうえお (JUGEMレビュー »)
ayaco
はんこ作家ayacoさんの台湾本2冊目!手書き文字とかわいいイラストを見ながら台湾を巡りたいぞ!
RECOMMEND
建築士の資格が活かせるお仕事ガイド (エクスナレッジムック)
建築士の資格が活かせるお仕事ガイド (エクスナレッジムック) (JUGEMレビュー »)

一級建築士が生きて行くために広い視点をもつことの重要性を気づかせてくれるドキッとする一冊。寄生せず自分の脚でたっている独立した建築家は目を通しておいても損はないだろう。コラムにある「明るい匿名座談会」は担当編集者と一緒に自分が聞きたい内容を考えた思い出深いものです。この座談会を読んでうなずかない人はいないはず!
RECOMMEND
tokomo & coffee Rakugaking Book
tokomo & coffee Rakugaking Book (JUGEMレビュー »)
Tomoko Shintani
tokomoさんのスタバでかきかきしていた落書き!?が出版されます。落書きと呼べない質となんだかコーヒーのようにちょっと幸せになるイラストが満載のようです。T美卒業生すごいです!
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

屋根について1ページの執筆とDVDビデオで屋根の性能について出演しています。
RECOMMEND
建築知識2015年5月号
建築知識2015年5月号 (JUGEMレビュー »)

私の大学同期でほとんどのページを担当しています。様々なメーカーにヒアリングに行って書いていますので、中身濃くしあがっています。特にコラムがお勧めです。是非書店で見てみて下さい!!
RECOMMEND
新建築住宅特集 2015年 05 月号 [雑誌]
新建築住宅特集 2015年 05 月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

弊社が設計した三重県松阪市嬉野の住宅が掲載されています。
RECOMMEND
デザインが劇的にうまくなる!目的別に選べるディテール300 (エクスナレッジムック)
デザインが劇的にうまくなる!目的別に選べるディテール300 (エクスナレッジムック) (JUGEMレビュー »)

前半部分、後半部分ともかなりのページを執筆しています。後半は設計をはじめて15年位の私が「これはいい!」というでティールを集めていて、いぶし銀の参考になる書籍だと思います。編集担当者と一緒に作り上げた本ですので、ぜひ手に取ってご覧下さい。
RECOMMEND
建築知識2015年3月号
建築知識2015年3月号 (JUGEMレビュー »)

鉄骨工事現場で出来上がって行く様子をイラストで解説した3月号に私も5ページ+コラムを執筆しました。マニア向けですが是非手に取ってご覧下さい!!しっかり濃い内容となっています。
RECOMMEND
建築知識2014年9月号
建築知識2014年9月号 (JUGEMレビュー »)

以前設計した仕事のデティールが9箇所掲載されています。3Dで分かりやすくなっています。
RECOMMEND
住宅の高さ寸法攻略マニュアル (エクスナレッジムック)
住宅の高さ寸法攻略マニュアル (エクスナレッジムック) (JUGEMレビュー »)

本間さんへのインタビューアーを担当しています。
RECOMMEND
ルポ MOOC革命――無料オンライン授業の衝撃
ルポ MOOC革命――無料オンライン授業の衝撃 (JUGEMレビュー »)
金成 隆一
Open Education(インターネットで有名大学等の授業ビデオが無料で受けることが出来る)ことを全く知らなかったが、この本を読んでその無限の可能性に興奮してしまった。
RECOMMEND
改訂版 最高の家具をデザインする方法 (エクスナレッジムック)
改訂版 最高の家具をデザインする方法 (エクスナレッジムック) (JUGEMレビュー »)

以前のものの改訂版です。カラーになって、少し価格も安くなったので、お買い得です!照明と家具の絡みの頁を担当しているのですが、時代はLEDとなり、そこだけは大幅に以前と変えています。
RECOMMEND
建築知識2014年5月号
建築知識2014年5月号 (JUGEMレビュー »)

いくつかのアイソメやコメントやらを寄稿しております。初心者から玄人まで必読です!!
RECOMMEND
図案 刺繍のいろ
図案 刺繍のいろ (JUGEMレビュー »)
atsumi
atsumiさんの最新作!みなさん次々と本を出します。可愛い図柄が沢山あるはず!
RECOMMEND
ayacoの手帖のつくりかた
ayacoの手帖のつくりかた (JUGEMレビュー »)
ayaco
ayacoさんの最新作!人に見せたくなるような旅行日記がこれで書けるはず。
RECOMMEND
TODAY'S BREAKFAST
TODAY'S BREAKFAST (JUGEMレビュー »)
山崎 佳
おいしい朝ご飯きちんと食べれば元気になれるよねって!毎日それを実践して来た山崎佳ちゃんの日常の記録。素敵です!
RECOMMEND
ことばと刺繍
ことばと刺繍 (JUGEMレビュー »)
atsumi
刺繍作家atsumiさんの二冊目です。素晴らしいです。
RECOMMEND
建築知識2013年11月号
建築知識2013年11月号 (JUGEMレビュー »)

全体の監修とインタビューアーを担当しました。各地で活躍する建築家の設計に対する姿勢からデティールまで高密度に詰まっています。是非手に取ってみて下さい!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
tamaoの刺繍  ぬりえ感覚でかんたん刺繍
tamaoの刺繍 ぬりえ感覚でかんたん刺繍 (JUGEMレビュー »)
沼田真央(tamao)
人気刺繍雑貨ブランド「tamao」沼田真央の初の出版です!すごいなぁー
RECOMMEND
超実践的住宅照明マニュアル 増補改訂カラー版 (エクスナレッジムック)
超実践的住宅照明マニュアル 増補改訂カラー版 (エクスナレッジムック) (JUGEMレビュー »)
福多 佳子
いつも私どもの照明設計をして頂いている福多さんの書籍です。以前の物をブラッシュアップし、カラーになっているのでよりわかりやすくなっていますし、実践的なのでお勧めです。私どもが設計した住宅等もいくつか取り上げてくれているようです。
RECOMMEND
月刊建築知識2012年10月号
月刊建築知識2012年10月号 (JUGEMレビュー »)

本間さんへのインタビューアーを努めさせて頂きました。先輩建築家にズバズバと取材ということでなんでも聞けるのは本当にためになりましたし、楽しかったです。全部で14頁です。是非購入して下さい!
RECOMMEND
なんのための仕事?
なんのための仕事? (JUGEMレビュー »)
西村 佳哲
西村さんの三部作の最終章。当たり前の事かもしれませんが、すぅーっと入って来る感じは素敵です。
RECOMMEND
a+u (エー・アンド・ユー) 臨時増刊 槇文彦の近作 2012年 07月号 [雑誌]
a+u (エー・アンド・ユー) 臨時増刊 槇文彦の近作 2012年 07月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

町田市役所見てきました。細部には建築家の意思とこだわりがあり、かつ性能としても担保されている感じにきちんとした建築の心髄を感じました。
RECOMMEND
RECOMMEND
建築知識2012年6月号
建築知識2012年6月号 (JUGEMレビュー »)

ちょっとしたコラムを執筆しています。
RECOMMEND
RECOMMEND
いま、地方で生きるということ
いま、地方で生きるということ (JUGEMレビュー »)
西村佳哲
ロードムービーの様なインタビュー本。どこに向かうかは分からないまま書く事で何かを発見しようという姿勢がそのまま読者にも伝わってきます。西村さんの意思が見えたり、はたまた隠れたりと、どっちやねん!っていうその不安定さを一緒に楽しみ、後味を誰か飲みながら共有したいと思わせる本です。
RECOMMEND
刺繍のエンブレム
刺繍のエンブレム (JUGEMレビュー »)
atsumi
刺繍作家atumiさんの作品がつまった本です。すごいぞあつみ!
RECOMMEND
かかわり方のまなび方
かかわり方のまなび方 (JUGEMレビュー »)
西村佳哲
西村さんがワークショップのあり方について迷って来た過程がいつもの読みやすい文章で書かれています。僕もその様子を側で見ていたなぁー。


いつものインタビュー以外にワークショップの歴史を概観するちょっと学術的な面もあり、人を教える立場の人は必見な本。迷える子羊を救ってくれないけど、みんな模索しているのは同じだなぁーとすこし安心し、次の一歩を踏み出そうと背中を押してくれます。
RECOMMEND
RECOMMEND
超実践的[住宅照明マニュアル] (エクスナレッジムック)
超実践的[住宅照明マニュアル] (エクスナレッジムック) (JUGEMレビュー »)
福多 佳子
私たちの設計した住宅や店舗の夜景を彩ってくれている福多さんの著書。建築設計者はこれをマスターしておく必用ありますね。
RECOMMEND
台湾のたびしおり
台湾のたびしおり (JUGEMレビュー »)
ayaco
はんこ作家のayacoさん出版二冊目はなんと台湾ガイドブック!?です。ハンコ・イラスト・写真等々と盛りだくさんの内容でパラパラめくるだけで楽しくなってくる誌面となっています。台湾に行きたくなる事間違いなしです!
RECOMMEND
最高の家具をデザインする方法 (エクスナレッジムック)
最高の家具をデザインする方法 (エクスナレッジムック) (JUGEMレビュー »)

ちょっとだけ僕も書いています。家具図面を書きたいと思っている方には最適な本だと思います。
RECOMMEND
RECOMMEND
OpenCL入門 - マルチコアCPU・GPUのための並列プログラミング -
OpenCL入門 - マルチコアCPU・GPUのための並列プログラミング - (JUGEMレビュー »)
株式会社フィックスターズ,土山 了士,中村 孝史,飯塚 拓郎,浅原 明広,三木 聡
マルチコア(複数の計算する頭)を効率よく動かす為の言語(OpenCL)の入門テキストです。多分。執筆者が友人ですので、マニアの方は是非購入ください!
RECOMMEND
日経BPムック NA選書 困難解決型 住宅プラン図鑑
日経BPムック NA選書 困難解決型 住宅プラン図鑑 (JUGEMレビュー »)

私どもが以前に設計監理した日立の住宅が4頁掲載されています。
RECOMMEND
ayacoのはんこノート
ayacoのはんこノート (JUGEMレビュー »)
ayaco
消しゴムに掘るハンコ作家あやこさんが本を出しました。多摩美生も皆さん密かに大活躍です!
RECOMMEND
自分をいかして生きる
自分をいかして生きる (JUGEMレビュー »)
西村佳哲
西村さんの第二弾!!
ど真ん中直球ですが、緩い球(笑)
それが素敵です。
RECOMMEND
世界で一番やさしい建築図面・木
世界で一番やさしい建築図面・木 (JUGEMレビュー »)

特記などで26ページ程書かせてもらっています。経験者も改めて読み返すととてもためになりますよ。
RECOMMEND
アキッレ・カスティリオーニ―自由の探求としてのデザイン
アキッレ・カスティリオーニ―自由の探求としてのデザイン (JUGEMレビュー »)
多木 陽介
デザインの本質が書かれていると思いました。素敵っす。著者は多木浩二さんの息子さんです。
RECOMMEND
ごきげん朝ごはん
ごきげん朝ごはん (JUGEMレビュー »)
山崎 佳
多摩美の学生が出した本です。
買ってよんで、作って、食べると幸せになる事間違いなし!?
RECOMMEND
自分の仕事をつくる
自分の仕事をつくる (JUGEMレビュー »)
西村 佳哲
ものを作るということの気持ちの部分がインタビューを通して書かれています。生きていることが少しつらくなったときに勇気をもらえる本です。
RECOMMEND
イームズ入門―チャールズ&レイ・イームズのデザイン原風景
イームズ入門―チャールズ&レイ・イームズのデザイン原風景 (JUGEMレビュー »)
デミトリオス イームズ, Demetrios Eames, 助川 晃自, 泉川 真紀
イームズの物作りの考え方を生き方の中から探り出している本です。
MOBILE
qrcode
子供向けワークショップ
もうかなり前になってしまいましたが10月25日に三重県立美術館で小学生向けのワークショップを、26日にはアーティストトークを開催しました。
ワークショップではインスタレーションで作成した場を「敷地」に見立ててもらい、段ボールとカラーガムテープ、ダンボールパネルという材料を使って自分たちの居場所を作ってもらいました。
なぜこの空間が気持ちいいのか?それを分析し、意識化、言語化する事から設計という概念はうまれます。子供達の対話の中からなぜそう思うのか?という問いかけをしながらワークショップを進めました。
子供達の集中力に圧倒されながらの3時間、濃密に過ごしました。参加してくれた皆様、ありがとうございました。一人でも将来建築家になろうかな!なんておもってくれたらいいなぁー(笑)


次の日はアーティストトークでした。今回のインスタレーションを作成するにあたり、熊野古道の背景となる三重の森を中心にフィールドワークを行った様子を紹介しつつ、そこで感じたことをどうこのインスタレーションに落としていったのかをお伝えしたつもりです。この日も沢山の方に来て頂き、嬉しかったです。内容をどう感じて頂けたかは分かりませんが、一生懸命お伝えしたつもりでした。


どちらも今回作成した作品の中でイベントを行うという事ができて全てが完成した気がしました。「これからー道と森の未来ー」という作品のタイトルはあの場が林業や三重の自然などを考える場になって欲しいという願いでもあったので、皆が集まり、丸太が椅子となってワークショップ会場や座談会会場となったことが何よりも嬉しかったかもしれません。

会期終了まであと4日間。
よろしくお願いします。
| 芸術 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
感性と理性のバランス 野村仁展
先日、国立新美術館で開催されていた「野村仁 変化する相―時・場・身体」の展覧会に行ってきました。ほんと、良い展覧会だったのでお勧めしたいところですが残念ながら終わっています。
ここのサイトから動画で展覧会の解説が48分かけてみる事ができます。ただしノイズが多いので集中しないと聞きずらく、画像はとても荒いです。

僕は恥ずかしながら初めて知った方なのですが、いい意味でほんとぶっ飛んでいる作家さんでした。
単に感性に頼りながらぶっ飛んでいるのではなく、感性や直感で得たきっかけを冷静に記録し、科学的な見地から調べたりしながら理性的にそれらの記録を分析します。そしてまたその分析を強引なまでの力技で物や形に落としていくのです。

具体的な参考例として、
「月の動きをひたすら定点観測しつづけていたら、それがなにか音符のように見えてきたので、季節によって変わる月の動きを五線譜を引いて月を音符に置き換えて演奏ちゃった」
とか
「鶴が群れを見ていたら釈迦の手のように見えた(ごめんなさい、この辺曖昧です。誰か教えてください)ので、写真を取りまくり、群れの中の鶴の動きもまた楽譜に置き換えて演奏しちゃった」
という感じです。それがCDとして売り出されて商品となっており、しかも(ちょっとだけしか聞いていませんが)なかなか良い曲と感じました。

記録をしまくる事で、何が見えてくるかわからないけど、ただひたすらそれをやり続ける。
そこから何が見えるかは人それぞれなのだけど、細かな差異を見つけ出す才能があり分析力が素敵です。更には分析からの飛躍と、物を作るという事への執着心がほれぼれしまう。かっこわるいとかきれいだとかそういった基準なんて関係ないとばかりに美学さえも提案されている気がしました。

理性で突っ走ればソーラーカーを本気で突き詰め、アメリカ大陸を横断とかしちゃったりしますし、感性で突っ走れば宇宙との交信をするかのような作品やDNAと宇宙をまんまくっつけただけのような作品もあります。それらの様々に表現は変化している作品からは、住んでいる環境への畏敬の念や愛情を感じますし、なんだか人間的な魅力にあふれた人柄を感じざる得ませんでした。

物を作るときは理性だけではどうしても「もの」としての魅力的にかけてしまうと思います。やはり言葉にできない「何か」が「もの」に宿っている事は重要だと思うのです。更に理性を形に置き換える作業は大変なパワーも必要でして、「言葉」から「もの」というどっかで思い切った飛躍や勇気が必要です。
一方感性だけですと自分でも説明不可能になってしまうし、それは結局いろんな人に理解してもらうことを困難にさせている事も多いと思います。(僕の主観ですが)


この作家さんはそのバランスの良さを感じた展覧会でして、ぼくの建築もその感性と理性のバランスをうまくとれるようになりたいなぁーと思いました。

その他の作品もどれも突っ走っている作品が素敵でしたよ。

| 芸術 | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
池田亮司展 the infinite between 0 and 1
 もう今週で終わってしまいますが東京都現代美術館で行われている「池田亮司展」をみてきました。
ダムタイプで圧倒的な光や音に感動をさせられたその昔の学生の頃から結構な月日が流れ、久方ぶりに池田さんの空間を体験をしてきました。数字の羅列というとtomatoとか一昔のかっこよさなのですが、そんな時代とか関係なく圧倒的にかっこいいと思いました。デジタルの世界だとか、絶対0の定義だとか、ノイズが美しいだとか意味はいろいろとあるのかと思いますが、単純にただかっこいい。それだけで僕は満足でした。
東京都現代美術館HPより


もちろんインスタレーションのクオリティーはすばらしく、隙がない感じで仕上がっています。その作り込みは意味を超えるものだとあらためて実感します。真っ白もしくは真っ黒に見える絵?も近づくとめちゃくちゃ細かい数字羅列だったりするのですが、みる距離によって僕の目の解像度が違うので多様な見え方でをします。

今後はどんな展開を見せるのか、この路線を突き進むのか、その辺が楽しみです。
| 芸術 | 21:36 | comments(0) | trackbacks(1) |
| 1/1PAGES |

にほんブログ村 住まいブログへ