CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
住まいの3Dしくみ図鑑
住まいの3Dしくみ図鑑 (JUGEMレビュー »)

9頁を執筆しています。図面も大きいですし、アイソメなど3dで解説してあるのでわかりやすくなっています。
RECOMMEND
刺繍のエンブレム A to Z
刺繍のエンブレム A to Z (JUGEMレビュー »)
atsumi
刺繍作家atsumiの最新本!
RECOMMEND
建築知識2016年10月号
建築知識2016年10月号 (JUGEMレビュー »)

4人の建築家へのインタビューを担当しました。ここまできちんとした図面を出してくれることはあまりないかもしれませんので、貴重な号です!
RECOMMEND
刺繡のはじめかた
刺繡のはじめかた (JUGEMレビュー »)
atsumi
刺繍作家atsumiさんの新作本。デジタルな世の中だからこそこうした時間と手間をかけた物の良さが広く伝わってくれるのは一建築家としても嬉しいです。
RECOMMEND
建築知識2016年3月号
建築知識2016年3月号 (JUGEMレビュー »)

リフォームのベストレシピを4つ掲載されています。リフォームをしようとする一般の方にも読みやすくなっています。
RECOMMEND
ayacoの台湾あいうえお
ayacoの台湾あいうえお (JUGEMレビュー »)
ayaco
はんこ作家ayacoさんの台湾本2冊目!手書き文字とかわいいイラストを見ながら台湾を巡りたいぞ!
RECOMMEND
建築士の資格が活かせるお仕事ガイド (エクスナレッジムック)
建築士の資格が活かせるお仕事ガイド (エクスナレッジムック) (JUGEMレビュー »)

一級建築士が生きて行くために広い視点をもつことの重要性を気づかせてくれるドキッとする一冊。寄生せず自分の脚でたっている独立した建築家は目を通しておいても損はないだろう。コラムにある「明るい匿名座談会」は担当編集者と一緒に自分が聞きたい内容を考えた思い出深いものです。この座談会を読んでうなずかない人はいないはず!
RECOMMEND
tokomo & coffee Rakugaking Book
tokomo & coffee Rakugaking Book (JUGEMレビュー »)
Tomoko Shintani
tokomoさんのスタバでかきかきしていた落書き!?が出版されます。落書きと呼べない質となんだかコーヒーのようにちょっと幸せになるイラストが満載のようです。T美卒業生すごいです!
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

屋根について1ページの執筆とDVDビデオで屋根の性能について出演しています。
RECOMMEND
建築知識2015年5月号
建築知識2015年5月号 (JUGEMレビュー »)

私の大学同期でほとんどのページを担当しています。様々なメーカーにヒアリングに行って書いていますので、中身濃くしあがっています。特にコラムがお勧めです。是非書店で見てみて下さい!!
RECOMMEND
新建築住宅特集 2015年 05 月号 [雑誌]
新建築住宅特集 2015年 05 月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

弊社が設計した三重県松阪市嬉野の住宅が掲載されています。
RECOMMEND
デザインが劇的にうまくなる!目的別に選べるディテール300 (エクスナレッジムック)
デザインが劇的にうまくなる!目的別に選べるディテール300 (エクスナレッジムック) (JUGEMレビュー »)

前半部分、後半部分ともかなりのページを執筆しています。後半は設計をはじめて15年位の私が「これはいい!」というでティールを集めていて、いぶし銀の参考になる書籍だと思います。編集担当者と一緒に作り上げた本ですので、ぜひ手に取ってご覧下さい。
RECOMMEND
建築知識2015年3月号
建築知識2015年3月号 (JUGEMレビュー »)

鉄骨工事現場で出来上がって行く様子をイラストで解説した3月号に私も5ページ+コラムを執筆しました。マニア向けですが是非手に取ってご覧下さい!!しっかり濃い内容となっています。
RECOMMEND
建築知識2014年9月号
建築知識2014年9月号 (JUGEMレビュー »)

以前設計した仕事のデティールが9箇所掲載されています。3Dで分かりやすくなっています。
RECOMMEND
住宅の高さ寸法攻略マニュアル (エクスナレッジムック)
住宅の高さ寸法攻略マニュアル (エクスナレッジムック) (JUGEMレビュー »)

本間さんへのインタビューアーを担当しています。
RECOMMEND
ルポ MOOC革命――無料オンライン授業の衝撃
ルポ MOOC革命――無料オンライン授業の衝撃 (JUGEMレビュー »)
金成 隆一
Open Education(インターネットで有名大学等の授業ビデオが無料で受けることが出来る)ことを全く知らなかったが、この本を読んでその無限の可能性に興奮してしまった。
RECOMMEND
改訂版 最高の家具をデザインする方法 (エクスナレッジムック)
改訂版 最高の家具をデザインする方法 (エクスナレッジムック) (JUGEMレビュー »)

以前のものの改訂版です。カラーになって、少し価格も安くなったので、お買い得です!照明と家具の絡みの頁を担当しているのですが、時代はLEDとなり、そこだけは大幅に以前と変えています。
RECOMMEND
建築知識2014年5月号
建築知識2014年5月号 (JUGEMレビュー »)

いくつかのアイソメやコメントやらを寄稿しております。初心者から玄人まで必読です!!
RECOMMEND
図案 刺繍のいろ
図案 刺繍のいろ (JUGEMレビュー »)
atsumi
atsumiさんの最新作!みなさん次々と本を出します。可愛い図柄が沢山あるはず!
RECOMMEND
ayacoの手帖のつくりかた
ayacoの手帖のつくりかた (JUGEMレビュー »)
ayaco
ayacoさんの最新作!人に見せたくなるような旅行日記がこれで書けるはず。
RECOMMEND
TODAY'S BREAKFAST
TODAY'S BREAKFAST (JUGEMレビュー »)
山崎 佳
おいしい朝ご飯きちんと食べれば元気になれるよねって!毎日それを実践して来た山崎佳ちゃんの日常の記録。素敵です!
RECOMMEND
ことばと刺繍
ことばと刺繍 (JUGEMレビュー »)
atsumi
刺繍作家atsumiさんの二冊目です。素晴らしいです。
RECOMMEND
建築知識2013年11月号
建築知識2013年11月号 (JUGEMレビュー »)

全体の監修とインタビューアーを担当しました。各地で活躍する建築家の設計に対する姿勢からデティールまで高密度に詰まっています。是非手に取ってみて下さい!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
tamaoの刺繍  ぬりえ感覚でかんたん刺繍
tamaoの刺繍 ぬりえ感覚でかんたん刺繍 (JUGEMレビュー »)
沼田真央(tamao)
人気刺繍雑貨ブランド「tamao」沼田真央の初の出版です!すごいなぁー
RECOMMEND
超実践的住宅照明マニュアル 増補改訂カラー版 (エクスナレッジムック)
超実践的住宅照明マニュアル 増補改訂カラー版 (エクスナレッジムック) (JUGEMレビュー »)
福多 佳子
いつも私どもの照明設計をして頂いている福多さんの書籍です。以前の物をブラッシュアップし、カラーになっているのでよりわかりやすくなっていますし、実践的なのでお勧めです。私どもが設計した住宅等もいくつか取り上げてくれているようです。
RECOMMEND
月刊建築知識2012年10月号
月刊建築知識2012年10月号 (JUGEMレビュー »)

本間さんへのインタビューアーを努めさせて頂きました。先輩建築家にズバズバと取材ということでなんでも聞けるのは本当にためになりましたし、楽しかったです。全部で14頁です。是非購入して下さい!
RECOMMEND
なんのための仕事?
なんのための仕事? (JUGEMレビュー »)
西村 佳哲
西村さんの三部作の最終章。当たり前の事かもしれませんが、すぅーっと入って来る感じは素敵です。
RECOMMEND
a+u (エー・アンド・ユー) 臨時増刊 槇文彦の近作 2012年 07月号 [雑誌]
a+u (エー・アンド・ユー) 臨時増刊 槇文彦の近作 2012年 07月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

町田市役所見てきました。細部には建築家の意思とこだわりがあり、かつ性能としても担保されている感じにきちんとした建築の心髄を感じました。
RECOMMEND
RECOMMEND
建築知識2012年6月号
建築知識2012年6月号 (JUGEMレビュー »)

ちょっとしたコラムを執筆しています。
RECOMMEND
RECOMMEND
いま、地方で生きるということ
いま、地方で生きるということ (JUGEMレビュー »)
西村佳哲
ロードムービーの様なインタビュー本。どこに向かうかは分からないまま書く事で何かを発見しようという姿勢がそのまま読者にも伝わってきます。西村さんの意思が見えたり、はたまた隠れたりと、どっちやねん!っていうその不安定さを一緒に楽しみ、後味を誰か飲みながら共有したいと思わせる本です。
RECOMMEND
刺繍のエンブレム
刺繍のエンブレム (JUGEMレビュー »)
atsumi
刺繍作家atumiさんの作品がつまった本です。すごいぞあつみ!
RECOMMEND
かかわり方のまなび方
かかわり方のまなび方 (JUGEMレビュー »)
西村佳哲
西村さんがワークショップのあり方について迷って来た過程がいつもの読みやすい文章で書かれています。僕もその様子を側で見ていたなぁー。


いつものインタビュー以外にワークショップの歴史を概観するちょっと学術的な面もあり、人を教える立場の人は必見な本。迷える子羊を救ってくれないけど、みんな模索しているのは同じだなぁーとすこし安心し、次の一歩を踏み出そうと背中を押してくれます。
RECOMMEND
RECOMMEND
超実践的[住宅照明マニュアル] (エクスナレッジムック)
超実践的[住宅照明マニュアル] (エクスナレッジムック) (JUGEMレビュー »)
福多 佳子
私たちの設計した住宅や店舗の夜景を彩ってくれている福多さんの著書。建築設計者はこれをマスターしておく必用ありますね。
RECOMMEND
台湾のたびしおり
台湾のたびしおり (JUGEMレビュー »)
ayaco
はんこ作家のayacoさん出版二冊目はなんと台湾ガイドブック!?です。ハンコ・イラスト・写真等々と盛りだくさんの内容でパラパラめくるだけで楽しくなってくる誌面となっています。台湾に行きたくなる事間違いなしです!
RECOMMEND
最高の家具をデザインする方法 (エクスナレッジムック)
最高の家具をデザインする方法 (エクスナレッジムック) (JUGEMレビュー »)

ちょっとだけ僕も書いています。家具図面を書きたいと思っている方には最適な本だと思います。
RECOMMEND
RECOMMEND
OpenCL入門 - マルチコアCPU・GPUのための並列プログラミング -
OpenCL入門 - マルチコアCPU・GPUのための並列プログラミング - (JUGEMレビュー »)
株式会社フィックスターズ,土山 了士,中村 孝史,飯塚 拓郎,浅原 明広,三木 聡
マルチコア(複数の計算する頭)を効率よく動かす為の言語(OpenCL)の入門テキストです。多分。執筆者が友人ですので、マニアの方は是非購入ください!
RECOMMEND
日経BPムック NA選書 困難解決型 住宅プラン図鑑
日経BPムック NA選書 困難解決型 住宅プラン図鑑 (JUGEMレビュー »)

私どもが以前に設計監理した日立の住宅が4頁掲載されています。
RECOMMEND
ayacoのはんこノート
ayacoのはんこノート (JUGEMレビュー »)
ayaco
消しゴムに掘るハンコ作家あやこさんが本を出しました。多摩美生も皆さん密かに大活躍です!
RECOMMEND
自分をいかして生きる
自分をいかして生きる (JUGEMレビュー »)
西村佳哲
西村さんの第二弾!!
ど真ん中直球ですが、緩い球(笑)
それが素敵です。
RECOMMEND
世界で一番やさしい建築図面・木
世界で一番やさしい建築図面・木 (JUGEMレビュー »)

特記などで26ページ程書かせてもらっています。経験者も改めて読み返すととてもためになりますよ。
RECOMMEND
アキッレ・カスティリオーニ―自由の探求としてのデザイン
アキッレ・カスティリオーニ―自由の探求としてのデザイン (JUGEMレビュー »)
多木 陽介
デザインの本質が書かれていると思いました。素敵っす。著者は多木浩二さんの息子さんです。
RECOMMEND
ごきげん朝ごはん
ごきげん朝ごはん (JUGEMレビュー »)
山崎 佳
多摩美の学生が出した本です。
買ってよんで、作って、食べると幸せになる事間違いなし!?
RECOMMEND
自分の仕事をつくる
自分の仕事をつくる (JUGEMレビュー »)
西村 佳哲
ものを作るということの気持ちの部分がインタビューを通して書かれています。生きていることが少しつらくなったときに勇気をもらえる本です。
RECOMMEND
イームズ入門―チャールズ&レイ・イームズのデザイン原風景
イームズ入門―チャールズ&レイ・イームズのデザイン原風景 (JUGEMレビュー »)
デミトリオス イームズ, Demetrios Eames, 助川 晃自, 泉川 真紀
イームズの物作りの考え方を生き方の中から探り出している本です。
MOBILE
qrcode
<< 多摩美術大学造形表現学部デザイン学科 | main | 名古屋まで3500円 >>
妹島和世と西沢立衛
先ほんと久方ぶりに講演会に行って来ました。防水メーカー主催です。
最近は学生の頃とは違い展覧会だの講演会からはめっきり足が遠のいておりまして、他の建築家がどんなお仕事をしているかも知りませんでして、そろそろ行ってみよかってことで出かけてみました。うーーん、最近建築専門雑誌も立ち読みばかりで買ってないしなぁー。

すごく楽しめました。寝るんじゃないかと心配しておりましたがじぇんじぇん。できあがった建築を是非経験したいと感じさせていただきました。時代を切り開く勢いが昔から妹島さんはあったのですが、どうも実際できあがった建物を見に行くとちょいと物足りない感じがしていました。
建築学会賞を受賞した岐阜のマルチメディア工房はその中でも一番行って良かったものです。僕が行ったときはたまたま所員と学生、そしてお二人とみなで補修中でした。ポリカ波板が汚れてきたので木毛セメント板の柄をプリントしたものをはっつけていたのです。(先輩がいて手伝ったけど・・)
いまはもっと汚れていて構造のFBのたわみがすごいとのことで、同じ建築家として心が痛いのですがやろうとしていたことはおもしろいものでした。平面プランも真ん中に必要諸室、外周に廊下を設けバッファゾーンとしている構成で、地中に埋めて屋根からアプローチしたり、周辺環境との呼応もなかなか良いなぁーと思いまして、あれは現地に行っても期待を裏切らない感じがしました。

で、今回の講演内容は近作なのですが、だんだん最近のお仕事は似てきているようです。現代美術的という感じがしましたね。おもに現象的というか視覚的な操作によって建築が不可避的に持つ存在感や奥行き感の喪失や空間的体験をすこしずらしてみるような建築を作ろうとしているみたいでした。パースではなく浮世絵的空間とかさ。具体的には曲面ガラスを2重にしたり、細かな穴の開いた板で仕切ったりして、奥行き方向は見えるけど反射したり、何重も重なり合って虚像との境界が曖昧になったりすることをねらっていました。すごいところはそういった視覚的遊びがきちんとプランに影響を与えており、曲面のあたらしい世界が開かれている感じがしました。そういった遊び的要素がきちんと空間を作り上げている。今までの目的から作るというよりは見えている現象からどんどんふくらんでいって建築になった感じがします。
ただ、ぼくはいつもそうなのですが「その視覚的操作の先には何があるのか?」というのがお二人にはみえているのかが疑問です。確かに新しいし、できあがったら是非見に行きたいし、経験をしたい。けど、その新しい空間は僕たちに何をもたらしてくれるのか、どんな疑問を解決したり、広げたり、再解釈させてくれるのかをしりたい。もちろんその解釈は主観的なものでもかまわないし、何が目的なのかを手段ではなく聞かせて欲しかった。視覚的操作はあくまでも手段であって目的であって欲しくないと思うのだ。
「新しいことはいいことだ」これは現代美術では自明なことかもしれないが、建築ではもう少し違っても良いと思っているからなのですが。

とはいえ、十分おもしろいし、わくわくするし、どきどきしました。
見えない何かに向かって進んでいるお二人はかっちょいいなぁーと思いましたね。

オハイオトレドの美術館は行ってみたい。
バレンシア近代美術館 増築も行ってみたい。
群馬でやっている体育館とかももうすぐできそうで、それも行ってみたいなぁー

お二人が話されていたことが実際どうやって立ち上がってくるのかが楽しみです。
いままではわりとダイアグラムがそのまんま立ち上がったんだけど、行ってみるとどうもきちんと柱・梁があってちょっと興ざめという要素もあったのですがその辺もクリアしている感じなので、ぜひ行ってみたいなぁー。

<相方
ってことで、海外旅行行ってもいいですか?
| 建築 | 17:59 | comments(3) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 17:59 | - | - |
コメント
講演会なんてホント久しぶりだった。でも毎回刺激を受け、やる気をもらえるので定期的に行くといいよね。
妹島さん西澤さんはますます勢いを加速するようですごいです。やっていること言っていることはそれほど真新しいとも思えないし、以前と同じだったり最近のブームで括れてしまう部分があると思うけど、出来ているものがすごく魅力的だと思います。それは図面や模型や言葉で分かりにくいものなのだからでしょう。それが現象的ってことですね。二人のプロジェクトにはモックアップが多いようだけどそれも頷けます。でもそどうしてそれでコンペで勝ったり、施主を説得できるのか不思議です。ぼくらはおもしろいと思うけど、それと同じようにみなさん魅力を感じられるのでしょうか?ノウハウ教えてほしいなあ。

あ、海外旅行奨励していきましょう。
会社経費は出ないけどね。
| ミズイシ | 2004/11/06 11:14 PM |
おかむら、みずいし、お久しぶりです。元気でご活動のようでなにより。(ご存知でない人のために→)岡村・水石両氏と共に建築学徒として机を並べながら、芝居にうつつを抜かし、いまもそれ、続行中の木口です。

海外旅行は最近行ってないけど、先月法事で実家に帰ったついでに瀬戸内海を越えて四国は讃岐、金毘羅参りに行ってきた。
そして、今は脚本を書いている。公演を打つことになっちまった。というわけで、告知させてください。

木口統之 作/演出
「悪魔のしるし」
とき・2005年 1/7〜1/10 
ところ・南青山リトルモアギャラリー

詳しい情報をご希望の方はお手数ですが、お名前・住所を明記の上、木口までメールください。案内状をお送りします。

いま脚本を書きながら思い出すのは、むかし岡村と交わした会話。覚えているかな?
当時学生劇団でやりたい放題やってた俺に対して岡村は、まったく与条件のないところから芝居を作るなんて自分には想像できない、建築のように敷地や機能や法律など、様々なファクターを手がかりにしながら進めるほうがやりやすい、といったのに対して、いささか天狗になっていた俺は、条件なんかあるだけ邪魔だ、などと放言、今にして思えば無知で無礼な若者だったと苦笑を禁じえませんな。
いまはもう少し大人です。その分悩みも増えたけど。
| キグチ | 2004/11/12 3:58 AM |
えーーと、覚えていないなぁー
でも、木口とはいつも激論をしていた気がします。
楽しかったなぁー。

最近そんなことをしなくなったのがちょっと悲しい気がします。
今度は木口の演劇を見せてもらってそれを魚に飲みましょう。

僕のやった仕事の批評も大歓迎。

演劇見に行くね。
| オカムラ | 2004/11/12 8:54 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tkom.jugem.cc/trackback/34
トラックバック
ポリカーボネートについて知っていること
ポリカーボネートは、ポリカといわれています よく、カーポートやCDなど私たちの身近な製品であるのは間違いありませんが いったいポリカーボネートとは?ポリカとは?
| ポリカーボネートについての独り言 | 2007/07/10 11:16 PM |

にほんブログ村 住まいブログへ